株式会社エイコウ

老人ホーム、介護施設といってもさまざまな分類があります。少し紹介いたします。

お問い合わせはこちら

老人ホーム、介護施設種類と分類について、簡単に説明いたします。

老人ホーム、介護施設種類と分類について、簡単に説明いたします。

2021/08/16

老人ホームや介護施設を選ぼうと思うと、種類や分類がたくさんありどんな特徴なのか、どんな人が対象の施設なのかわかりにくいと思います。簡単に種類や分類について説明いたします。

 

☆介護老人福祉施設 (特別養護老人ホーム) 公的な介護施設

特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方自治体など、公共性が高い運営主体のみが運営できる、要介護3~要介護5の方の日常生活全般を過ごすことのできる介護施設です。通称「特養」と呼ばれ、法的には高齢者福祉施設といいます。

 

☆介護付き有料老人ホーム

介護付有料老人ホームとは、有料老人ホームの中でも特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設のことをいいます。これは3対1以上の職員の配置など、一定の基準を満たしているのでその施設の職員から20時間365日いつでも介護を受けられます。その中でも介護が必要な状態になる前から入居することができる入居時自立型というタイプと、介護が必要になった時に入居する介護型というタイプと入居時自立している方も要介護状態の方もとちらも入居できる混合型というタイプがあります。入居時の前払い金など費用の違いもでてきます。

 

☆住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは自立は高い方軽い介護が必要な方を対象にした有料老人ホームで、サービス付高齢者向け住宅と近い仕組みですが、食事と緊急時対応などの日常サポートが付いています。

 

☆グループホーム

グループホームとは、認知症対応型共同生活介護という仕組みで運営されている認知症の利用者を対象とし共同生活施設です。5~9人を1ユニットととする少人数制で専門スタッフが介護サービス、機能訓練等を提供、料理や掃除などの家事を分担し共同生活を送る自宅に近い環境で生活します。

 

☆サービス付高齢者向け住宅

サービス付高齢者向け住宅は、六十歳以上が暮らすバリアフリーの賃貸住宅です。安否確認と生活相談のサービスが必ずできます。株式会社や医療法人、社会福祉法人など色々な法人が運営を行っております。

 

☆経費老人ホーム (ケアハウス)

公的な施設の一つである経費老人ホームは六十歳以上で自立した日常生活が可能な人が対象。公的な機関が運営しており、費用が安いことが特徴であり、入居の順番待ちは多くなっています。食事が付いていて生活支援サービスもついた軽費老人ホームのことをケアハウスといいます。

 

このようにたくさんの種類にわかれており、記載した施設のほかにも分類があります。どこに値するのかご本人、ご家族も大変わかりにくいと思います。株式会社エイコウではご相談いただければ適した施設探しをサポート、詳しくご説明させていただきます。お気軽にお問合せください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。